| main |

スポンサーサイト

  • 2007.11.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


大仁田厚、『M-1』初戦敗退。敗退したネタとは!?

大仁田厚、『M-1』初戦落ちネタ映像

 元参議院議員の大仁田厚が10月28日(日)、都内で行われた『M-1 グランプリ 2007』の1回戦に“ファイヤーブラザーズ”として出場するも、あえなく敗退。「納得いかない」と嘆いた。

 プロレスラーの二瓶一将組長と、アントニオ渡辺の3人トリオ“ファイヤーブラザーズ”で臨んだ大仁田は、アントニオ猪木の話を織り交ぜたネタを披露。終了後は「俺的にはいいんじゃないかと思った。98%は(1回戦を)突破する予感がする」と手ごたえを感じている様子だったが、結果発表では名前が呼ばれることなく落戦。


 大仁田は「納得いかない。うまくいったと思ったのに。なぜダメだったのか審査員に聞きたい」と不満を口にし、「こいつ(アントニオ渡辺)が悪いんだ。この人(二瓶組長)のキャラがキツかったんだ」とメンバーにあたる場面も。そして「プロレスより悔しい。(落選したのは)黒い疑惑だよ。払拭するために、来年は違う名前でリベンジする」と再戦への決意も語った。

↑↑大仁田M-1初戦映像↑↑

※ファイヤーブラザーズが再生される前に別の芸人がネタをやっておりますが気にしないでください。

スポンサーサイト

  • 2007.11.02 Friday
  • -
  • 02:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM